事業内容

SOLUTION

要援護者管理システム

平時から災害時要援護者情報等を一元管理し、緊急時の迅速な救助・防災・減災に効果的です。 平時から災害時要援護者(高齢者・障害者・乳幼児等)、支援者(民生委員・ボランティア)、要援護者支援施設(老人ホーム・病院・診療所等)の情報をリアルタイムに台帳管理できます。 さらに、汎用的地理情報システム(PentAngle)との連携により、迅速で効率的な擁護を可能とします。

[主な業務支援機能]

手あげ方式の(本人による)申請情報を元に、要援護者情報と支援者情報などをシステムにより台帳登録し、地域支援者と要援護者のつながりや経緯を一元管理します。 要援護者、支援者、支援施設の所在地情報をGIS上に簡単登録し、その距離関係と、「どこにどれだけ要援護者・支援者が存在するのか?」を容易に把握することができます。 台帳情報と地図情報の連携機能により、災害時に迅速かつ効率的な援護体制をリアルタイムに構築し、平常時の維持管理から災害時の救助完了までを支援します。

[提案事例]

洪水等のハザードマップ情報との重ね合わせ機能により、危険地域、避難経路の再確認、避難所の見直し、要援護者優先度判断等の最適化に繋がります。

”要援護者管理システム”についての
お問い合わせ・ご相談はこちら

0875-72-4181お問い合わせフォーム

ソリューション一覧へ