事業内容

SOLUTION

固定資産台帳


下水道ストックマネジメント


ダム堆砂測量・深浅測量(マルチビーム)マルチビームを用いた深浅測量

ICT技術の活用により水中部を3次元表現します。 ナローマルチビームにて測深し、計測範囲を従来の線より面へと革新します。 取得した3次元データより、維持管理や防災事業等、様々な計画管理の利活用へとお手伝いします。

<現場イメージ>

<ナローマルチビーム測深によるポイントクラウド>

【従来の深浅測量方式】

従来の深浅測量方式は、シングルビーム測深機を用いた直線誘導方式によるものでありました。 直線誘導方式とは、横断方向上に船位の誘導を行い側線上の変化を計測するものですが側線上の変化しか測定をすることが出来ず、詳細にデータ測定を行いたい場合は時間とコストをかけて側線を増やすしかありませんでした。

【~始めます。水中の3次元計測~当社の深浅測量方式のこれから】

■自立航行ボート「T-boat」を導入

自立航行ボート「T-boat」の導入により従来の有人測量船での立ち入り調査が困難であった浅瀬、障害物の多いため池や湾内の海底部、河川や沿岸域などの流れがある場所でも無線による遠隔操作を行い、安全に正確なデータ計測を実現致しました。また、バッテリー駆動式であるため従来型の燃料船と異なり調査水域の汚染をすることもありません。

■マルチナロービーム「SeaBatT20-S」の搭載

従来のシングルビームでは直下のみにビームを発射し線的にデータを取得していましたが、 ナローマルチビーム「SeaBatT20-S」の搭載により1秒間に140度の角度でソナー超音波512方向50回の点を取り 面的なデータ取得の他、GNSSにより位置情報の即時取得が可能となりました。

これからの当社の測量は線から面へと進化致します。

【提案事例】

■ため池

・出来形計測による堆積調査

・貯水量調査

■港湾

・湾内の海底調査

・護岸構造物の破損調査

・テトラの破損、欠損調査

・不法投棄調査

■海岸

・海浜調査

・生藻調査

無限の可能性を秘めるポイントクラウドデータにて、マルチな技術提案を目指します。


3Dレーザスキャナー「GS200」〔地上型3D LASER SCANNER〕※NETIS登録番号:SK-070020-V

■特徴

地上型3Dレーザースキャナーは,地形,構造物,プラント設備,文化財等を非接触で計測し3次元(X・Y・Z)の点群データを取得し,コンピュータ上で様々な計測や3次元モデリングを行なうことができます。

■適用分野

  • 測量分野:地形測量,河川測量,路線測量,災害・崩落地などの危険箇所の測量,ため池・ダム等の貯水量調査,造成工事の施工管理等
  • 構造物計測分野:橋梁・ダム・プラント系設備等の基盤データの作成,変位量計測
  • 文化財分野:遺跡・埋蔵文化財調査,市街地・町並の景観計測,まちづくりへの活用

文化財(遺跡)

橋梁

橋梁(モデリング)


公有財産管理システム

■公有財産台帳整備

固定資産台帳整備、法定外公共物整備、各種土地台帳整備の多くの実績から、当社では、各自治体様が整備予定の公有財産台帳整備についてお手伝いを行います。 また、整備段階から当社オリジナルGISを活用し、整備業務完了時には地図システムにより’すみやかに’運用可能になります。

■公有財産管理システム

公有財産管理システム(台帳システム・地図システム)による土地建物に係わる普通財産、行政財産の一元管理を行うことで、財産の効果的な管理が可能となり、業務上においても効率化が図れます。

■システム提案(台帳システム)

当社の台帳システムは公有財産に係わる土地・建物等の事務処理の効率化・高度化をサポート。 年度単位による総括表、財産単位の集計、異動履歴等の管理が容易に行えます。

■システム提案(地図システム)

公有財産を地図情報と関連付け管理することができます。 地図に付随する土地や建物等を一体管理することで、財産の位置が容易に把握でき効率的な管理が行えます。

漁港・港湾管理システム

漁港・港湾に関する様々な情報の一元的な管理を行い、効果的な維持管理を実現します。 漁港・港湾管理システムによる漁港・港湾台帳から海岸保全区域、施設情報、施設点検情報、係留情報、事業(再配置)計画に至るまでの全情報の一元管理を行うことで、施設の効果的な維持管理が可能となり、業務上における効率化、住民サービスの向上が図れます。

[主な業務支援機能]

漁港・港湾における管理情報(保全区域、施設情報、係留情報、施設点検情報、占用情報、地質調査情報)及びこれに附帯する竣工図書、施設の属性情報・断面図情報、現地状況写真の情報等を関連付け、デジタルデータとして一元管理します。 システム導入により、施設点検等のアセットマネジメント、効率的な再配置計画や資産価値向上、事故発生時の迅速な対応、住民の問い合わせ(アカウンタビリティ)など、高度な施設管理(自社開発GISですのでお客様オーダーメイドGIS化)を実現致します。 漁港・港湾台帳による区域や施設の詳細な位置情報を基に、占用物件、係留情報、地質情報を重ね合せて管理します。また、位置情報と関連付けた(電子納品)成果図書のファイリングも容易に行えます。

工事台帳管理システム

工事管理システム概要は、以下の通りです。
  1. 年々増え続ける図面を効率的に管理します。
  2. 現在使用している工事台帳をそのまま入力できます。
  3. 書類・図面の検索は年度・工事箇所・工事名・施工業者・工事種別等で自由に検索し、閲覧、プリントが可能です。図面を倉庫や書庫で時間をかけて探す必要がなくなります。
  4. 保管場所の問題解決、担当者異動に伴う引継ぎも容易です。

” 課題から探す 建設・工事”についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

0875-72-4181お問い合わせフォーム

ソリューション一覧へ