事業内容

SOLUTION

CCPMソフトウエア「BeingManagement」

CCPMとは、制約条件の理論(Theory of Constrains:TOC,エリヤフ・ゴールドラット)の考えに基づき、全体最適の視点から開発されたプロジェクト管理手法です。

このような問題で悩まれていませんか?

  1. プロジェクトの状況が見えない。 ⇒プロジェクトの状況が示す本当の「情報」が足りない。
  2. プロジェクトが計画通りに進まない。 ⇒プロジェクトには「不確実性」がある。
  3. リソースが必要な時に使えない。 ⇒リソースを「マルチタスク」にさせている。

理想を現実に変えます!

  1. 一瞬で判断できるマルチプロジェクトの 可視化+同期化 ⇒プロジェクトの「現在」をすばやく把握でき、迅速で正確なマネジメントが可能! プロジェクトを同期させることで、適切なタイミングでスタートできる!
  2. 不確実性を計画してマネジメントできる 強靭性+柔軟性 ⇒プロジェクトの期間を決定づけるクリティカルチェーンに集中してマネジメント! 不確実性を考慮した「バッファ(安全余裕期間)」で、プロジェクトを遅れから守る!
  3. 明確な優先順位に基づき実行進捗管理ができる瞬発力+予見力 ⇒今、どの作業をすべきか、今、どの作業をすべきでないかを明確に表示! バッファの色(赤・黄・緑)とグラフの傾きでプロジェクトの「現在」と「未来」を示!

五星での「BeingManagement」導入成果(2011年度)

定量効果

受注高:150,売上高:113,スループット:119,生産時間:92(2006年度=100) 納期遵守率(2,3月工期分):90%(2006年度 54%) ※スループット=売上高-変動費(外注費+材料費) ※生産時間:技術サービス部門の正社員(嘱託社員を一部含む)を対象

定性効果

  • 相互支援が当たり前になってきた。
  • 工程に関する個人的な不安が軽減されてきた。
  • 生産上の問題が見えてきた。
  • 決算の見通しが極めて良くなった。

事例発表

  1. 「三方良しの公共事業改革」フォーラム(2007年5月8日東京)日経コンストラクション2007年6月8日号
  2. TOC/CCPM標準ハンドブック(秀和システム)
  3. 新版・三方良しの公共事業改革(日刊建設通信新聞社)

※「BeingManagement」は株式会社ビーイングの登録商標です。

パイプライン/プロジェクト一覧
パイプラインマネジメント
バッファマネジメント

苦情要望管理システム

苦情・要望管理システムは、日々住民から寄せられる苦情・要望等に関しGISを利用し、行政の職員間で情報共有を行うことにより、迅速かつ適切な対応を実現することにより、行政サービスの向上を図ることを目的としています。
  • 苦情・要望発生箇所の登録、削除、修正
  • 苦情・要望に関する属性データの登録、削除、修正、閲覧
  • 苦情・要望発生箇所に関する任意条件検索及び検索結果のエクセル出力
  • 苦情・要望箇所と現場写真等の画像データの関連付け及び閲覧
  • 地域ごとの苦情・要望の傾向等を把握、分析
これらを、調書システムとGIS(地理情報システムPentAngle)の連携にて、容易にスピーディに実現します。 データ入力(蓄積)を日々行い、結果を分析(グラフやPentAngleによる視覚化)することで、本システムの導入費用を大幅に上回る効果が期待できます。

【分析事例】

現在は、道路施設、公園遊具等の土木アセット情報に関する住民からの苦情や要望を導入自治体様が登録・共有しています。 導入後に蓄積情報を分析し、苦情や要望の傾向分析ををおこなった事例もあります。

◎道路施設の苦情要望システム事例

  • 路線種別、構造、幅員、路面状況、日交通量と苦情や要望の相関は? →どういった箇所で苦情や要望がどのタイミングで発生しているのかが把握できれば、苦情が発生する前に改善が可能です。 →施設の老朽化(劣化)状況のパターンが可視化できれば、施設の長寿命化に繋がり、アセット(ストック)マネジメントを検討する資料として利用できます。

【応用事例】

上記は、自治体GISとして住民からの苦情要望を管理するシステムですが、民間企業にも応用可能です。
  • 工場施設や敷地内の平面図をGISのベースマップとし、機械の損傷、劣化状況など、工場従業員などの生の声を登録・管理しておけば、機械が限界に至る前に点検、部品交換などにも利用可能です。
  • 施設点検&一部部品の早期交換が効率的におこなえれば、事故の抑止や施設・機械の長寿命化対策に繋がります。

PentAngle(ペンタングル)〔汎用地理情報システム〕※PentAngleは(株)五星の登録商標です。

■空間情報に関するソフトウェアサイクルを容易に実現

汎用地理情報システムで、様々な分野のGISを構築します。 お客様の利用ニーズに応じたオーダメイドを目指し、ご要望とご予算に柔軟に対応いたします。 情報システムとは、それを運用するユーザーが、それぞれの目的により育てるものです。 ソフトウェアサイクルを円滑に実現できるシステムでなければ、システムを拡張し育てようとした場合、それに費やす費用と期間が膨大なものとなります。 「PentAngle」は、このソフトウェアサイクルを極力容易に実現し、利用者本来の要求をスムーズに引き出そうとするものです。

■システム効果

  • ほかのソフトとデ一夕の連動を図るために必要な情報はすべて公開します。
  • スキーマファイルの作成により、システムの機能改定が自由に行えます。
  • システムの運用及び利用が容易に行えます。
  • システム拡張が容易に行えます。
  • 1ライセンス\50,000円からご利用いただけます。 (詳しくは当社担当までお問い合わせください)

■システム利用事例

お客様がお持ちの管理情報とGISを組み合わせることで、様々な用途にご利用いただけます。 多くの自治体様の資産・施設・住民情報等の管理や、金融機関様の顧客情報の管理にもご活用いただいています。
  1. 固定資産管理システム
  2. 水道管理システム
  3. 下水道管理システム
  4. 道路管理システム
  5. 都市計画管理システム
  6. 指定道路管理システム
  7. 農業管理システム
  8. 公有財産管理システム
  9. 漁港・港湾管理システム
  10. 公園管理システム
  11. 工事台帳管理システム
  12. 苦情・要望管理システム
  13. 河川・砂防管理システム
  14. 防災・消防・防犯管理システム
  15. 災害時要援護者管理・援護システム
  16. ため池管理システム
  17. 監視カメラ設置情報管理システム
  18. 空き家情報管理システム
  19. ごみ廃棄物収集場所・施設等管理システム
  20. 顧客情報管理システム
お客様のニーズに合わせて、様々なカスタマイズを提供いたします。 当社担当までお気軽にお問合せください。

固定資産管理用システム サンプル画像

上下水台帳管理システム サンプル画像

農業情報管理システム サンプル画像


” 課題から探す システム開発”についてのお問い合わせ・ご相談はこちら

0875-72-4181お問い合わせフォーム

ソリューション一覧へ